らいふぃずふり~だむ 

このブログはGHOSTのフリーダムな日常を記載していきます

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タレント(笑)の除霊放送して誰が得するの?

2009.08.25 (Tue)
 さて今夜放送してた本当にあった怖い話  でやっているタレントの除霊なんですが・・・マジで誰得?  今回ははるな愛でしたかね。  そのシーンだけはいつも不愉快な気分になるから見ないんだよねw   再現ドラマくらいでいいや・・・   あと、いつからか知らないけどなんで吾郎さんと小学生たちが心霊写真鑑定してんのかが不思議でならないです。  

もうナレーションだけで淡々と流してったほうがいいのに・・・  あと再現ドラマなんだけどもちっと金かけてつくればいいのにw   なんかシュールすぎて受けましたw   佐藤健のフロントガラスの首のとこだけが良かったですw  あと志田未来が可愛かったw  

たしか宗教団体からクレーム入ったとかでその手の特集少なくなったし視聴者に媚びたようなキャストでお送りする再現ドラマになったんだっけ?
そんなわけで今回はニコニコ動画でちょっと怖い話でも見ていただこうかなww  
あと俺の聞いた話でも少し・・・
続き>>>
 先にインパクトの低い俺の話から。  イラネーよwwwって人はスクロールしてくださいな。

小学生のときに聞いて今でも少し気をつけちゃうんですが。   神社には鳥居がありますよね。
これは諸説あるんだけども・・・天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から誘い出すために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を置いたことが起源であるとする説、インド仏教にみられるトラナや中国の華表や鳥竿、牌楼(ぱいろう)、朝鮮半島の紅箭門(こうぜんもん)、イスラエルの移動型神殿など海外に起源を求める説などがある[3]。文献に徴すれば古くは「於不葦御門(うへふかずのみかど)」(皇太神宮儀式帳)と称して、奈良時代から神社建築の門の一種としている[4]。いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している(ウィキから抜粋) が確かなことは解ってないです。

でその鳥居にまつわる話 

普通神社に参拝するときには鳥居をくぐりますよね。   で普通にくぐればいいもの横のわき道から参拝した人がいたそうです。

その人は夜にある声がして目を覚まします。  「右手はいるか?」  その人はいると答え声は「左手はいるか?」と答えます。   次に右足→左足→首の順に聞いてきます。  すべてに「いる」と答え、最後に声は「この話をだれから聞いた?」と聞かれたその人は「かしまさまに聞いた」と答えそれ以降声は聞こえなくなったそうな・・・

実はその鳥居をくぐらなかった人は神主にこの話を聞いていたので事なきを得たものの・・・後日その話を聞いて「そんなのあるわけねぇだろwww」ってタカをくくったある男は同じようにし「右手はいるか?」と聞かれ「いらない」と答えてしまったそうな。
すると激しい痛みと共にそこにあるはずの自分の右手が無くなっていたと・・・男は痛みと失血のショックのあまり死んだそうです。

「~はいるか?」と聞かれたら「いる」で答え「だれから聞いた?」と聞かれたら「かしまさまから聞いた」と答えましょう。   

ちなみにこの話はバリエーションは様々ですがかしまさま(呼び名はいろいろ)という都市伝説があるようです。  おそらく俺に話してくれた人は神社の関係者だったためにちゃんと鳥居をくぐりしきたり通りにやらねーとバチが当たるよみたいな感じで教えてくれたんでしょうね。

あとぐぐったらこんな話もありました→http://cthulhu.hp.infoseek.co.jp/dic.kasimareyko.html  それが一応の話のベースやバリエーションみたいです。 

ここからは動画です。

有名な稲川淳二さんの話で結構俺は怖いなぁー怖いなーって思った話ですね。
コメントがあるので怖さは半減してます。   コメ消してもいいよ^^



これもなかなか秀逸な怖い話。   音声読み上げソフトの淡々とした喋りが逆に怖いですw

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。