らいふぃずふり~だむ 

このブログはGHOSTのフリーダムな日常を記載していきます

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星降る夜

2009.08.14 (Fri)
 今年もペルセウス座流星群が観測できるということで夜空を眺めておりました。  昨日は雷雨のため見れませんでしたが今日は快晴だったので観れましたww  ミ☆ ミ☆ ミ☆

やー流れ星ってやはりいいもんですね^^   この時期は暑いですがビール片手に空を眺め虫や風の音がBGMですww  

自然最高!!

続き>>>
流れ星といえば・・・その神秘的な現象から、流星に関しては様々な伝説や逸話が存在する。日本国内において最も有名なのが「1つの流星が輝いている間に願い事を3回唱えると、その願いが叶う」というものであるが、当然ながら明確な根拠は無い。なお、流星が発生するタイミングは確実に掴めるものではなく、また流星1つが発光している時間は、通常1秒前後のひじょうに短い間であり、その間に3回も願い事を唱えるのは不可能に近い。ただし、ごく稀に数秒にわたって発光する流星もあり、これを運良く見ることができれば願い事を3回唱えることも不可能ではない。この他、「流星を見たら3回唾を吐かなければ不幸になる」といったものや、「星が遊んでいる様子」などといった話もある。三国志演義では諸葛亮の陣営に赤く大きな流星が3度流れたという。これにより、諸葛亮は自分の死を察知するという物語があるが、この話は中国で長く語り継がれ、流星と人の死を結びつける考えも、この物語から発生する。(ウィキから抜粋)

まぁこんな逸話やら伝説なんぞができるのも珍しかったりするからだろうね。  何てことない自然現象でもちょっとしたまじない的要素を取り入れるあたり・・・昔の人って粋だなぁって思いました。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。