らいふぃずふり~だむ 

このブログはGHOSTのフリーダムな日常を記載していきます

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーエーの今川義元はいつもアレ

2009.06.25 (Thu)
 戦い方がなんとなくつかめてきた決戦3ですが、なれた頃にほどよく難易度が上がってきてやりごたえはあります。   

今回は帰蝶を妻に迎えた信長さんが京に上洛する今川義元を破った桶狭間決戦までをプレイしました。   
それにしてもコーエーは今川義元に恨みでもあるんでしょうか?   なんかいつも白塗りでおじゃる口調でしゃべりとらえどころの無いような感じですよね。

無双の義元はなんか可愛げのある感じですが決戦3の義元は綺麗な信長の引き立て役ということなのかどうも好きになれそうもないキャラ設定になってます。
続き>>>
 このゲームでは史実のエピソードを踏襲しつつ独自の解釈になってて面白いことは面白いんですけどね。   「センゴク」の外伝作品での今川義元はカッコよすぎたのでそれのイメージが強すぎたからでしょうか?   まぁ英雄とはそーゆーもんでしょうね。

そしてこの作品での信長はやたら爽やかでイケメン。   無双の信長のイメージとはまた違ったカッコよさがありますね。

桶狭間で義元を破ることになるんですが途中で木下藤吉郎(秀吉)と蜂須賀小六が加入してきました。
登場時のムービーで秀吉が持ってきた荷物の中に無双の幸村(無双1)と大喬(無双3)のデフォルメされた人形が映っていました。   

ちょっとした遊び心があって面白かったですww   プレイ動画がニコニコ動画にあったので気になる人はチェックしてみるといいかも。

そのあとは今川勢にいた家康やその配下とも戦闘があったんですが忠勝は相変わらず強い・・・なのになんか地味・・・   鎧や兜は目立つはずなのに・・・

それから桶狭間の戦いの前に吉乃という女の子が加入。   史実では帰蝶とともに信長よりも年上なはずなのにあきらかに年下です。

それからこの子は信長さま大好きなので正室の帰蝶に露骨な悪態をつくのでプレイヤーの人気はあまり無いようです^^;   これで戦闘で援護が強いからいいけど使えなかったら放逐したい気分です。

吉乃といえば信長の側室で秀吉が信長に仕官するときに秀吉が吉乃に取り入りそのつてで信長に仕官できたという逸話があります。   

愛人関係であったという説もあるそうな・・・   
ゲーム中では気候が読めるという特殊能力をもつ巫女的な感じの設定で登場します。  

吉乃が決戦当日は雨が降るという予報があったので信長は進軍し雨が降ってきたら奇襲により義元を撃破しました。

またこの戦闘が難しかったですよ。   囮として正面から進軍させた柴田勝家軍が忠勝たちに一気に兵力削られて壊滅してしまいましたからねww

車懸の陣ってヤツは凶悪すぎるww   気が付いたら半分以上も削られてってありますし、こちらが相性のよくない防御の薄い騎馬兵でいったからというのもあるんだけど^^;

1回ゲームオーバーになったのはいい思い出です。   援護攻撃の重要性もわかりましたからね。

2戦目は正面から挑んだ軍は壊滅したけど奇襲した信長軍が義元討ち取ったのでクリアです^^

ちょっと難易度が割りと高いかもしれない。   

次はいよいよ美濃攻めですよ。  秀吉が墨俣に一夜城を築いたあの戦です。   半兵衛はそろそろ出てくるのかな?なんにせよ楽しみです。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。