らいふぃずふり~だむ 

このブログはGHOSTのフリーダムな日常を記載していきます

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

噂の根源

2009.06.14 (Sun)
 先日無双5エンパの追加アイテムをダウンロードするときにPSP用ソフト「流行り神」「流行り神2」の体験版が配信されていました。   PS2用ソフトとして発売されていたものだったのですが何時の間にやら移植されていたのですね。   当時は買わなかったけど気になるタイトルではありました。

ストーリーはある都市伝説にまつわる事件などを科学的視点や超常現象的視点から推理していくAVDです。   体験版とはいえ結構なボリュームだということでちょっと試しに落してみました。
続き>>>
 この物語にはホラー的要素があって夏場にはぴったりじゃないですかねwww
・・・・まぁホントに恐ろしいときは冷や汗というより脂汗みたいな体温が上がるような変な汗をかくんですけどね・・・

PSPにデータをコピーしてさっそくやってみました。  
出来る範囲は1と2とも第零話というプロローグシナリオ的なストーリーが丸ごと入ってます。

まずは「流行り神」から・・・サブタイトルは「チェーンメール」

都内で起きている女性ばかりを狙った猟奇殺人事件・・・犯人の手がかりがつかめないまま犠牲者は増える一方でした。

そんななか刑事である主人公は携帯にメールが届きます。

いわゆる「チェーンメール」でイタズラかと思った内容でしたが内容の一部に殺人事件の犯人を目撃したという捨て置けない文章がありました。

半信半疑ながらも返信し送信者と連絡をとり話を聞くことに成功・・・

なんと送信者はテレビなどで活躍中のアイドルと同じ名前を口にしました・・・ そのアイドルの活躍を妬む者のイタズラかと思われたが・・・送信してきたのはそのアイドル本人でした。

しかし、そこにはいろいろな事実が隠されていてなんと最後は・・・

という感じでクリア・・・まぁ体験版にしては面白かったかな。  割とさくさく進めたし話の内容もわかりやすかったです。  また、ちょっと難しい専門用語などは解説があったので勉強にもなりましたね。

あと、この話はPS2で発売されたときに攻略記事なんかを流し読み程度で知っていたのでオチまでは読めませんでしたがなんとなく知っていました。


続いて「流行り神2」をプレイする頃には午前3時を回ってましたwww夜中の2時ごろからプレイを始めて午前7時までやってしまいました。   眠かったですが久しぶりに寝苦しいかな?って感じる程度の夜だったので。   まぁ内容が面白かったというのがありますが・・・

サブタイトルは・・・「黒闇天」   いわゆる貧乏神や死神といった人に災いをなす神さまのことですかね。   ただ他説では貧乏神とは人に不幸を与えるといったマイナスのイメージですが取り付いている者の不幸を吸い取るということもあるとか無いとか・・・   

大晦日では囲炉裏をたくと貧乏神が逃げていきかわりに福の神が暖を取りにやってくるということもあるみたいです。   

吉祥天と黒闇天は姉妹とも言われています・・・常に行動を共にするため禍福は表裏一体ということですかね。  

いいこともあれば悪いことも起こるよ。といった感じです。

高校の同級生とひょんなことから再会した主人公はその同級生の家を訪れることとなる。   彼女はすでに結婚していたが夫は自殺し心身ともに疲れていた様子だった。

なんでも夫が自殺したアパートではその部屋に入居した者は死亡したり何らかの事故にあったりと悪い噂が絶えなかった・・・   しかも隣人の話によると幽霊が出るということも・・・

何人も目撃しているため隣人はそういうものだと割り切っていた・・・   しかしそこにはただのオカルトやちょっとしたトラブルといったような軽い言葉では表しきれないもっと重い念のようなものが込められているようでした。   このエピソードは最後までは見たんですけど一部選択肢などを誤ってバッドエンドになってしまいました><   

なので真相はまだ良くわかっていません・・・   シナリオのテーマというか根源には「呪い」みたいな感じでしたね。   

そこから「地獄少女」でもありましたが「人を呪わば穴二つ」という言葉があります。   きっとこの物語もそんな気がしました。   

頑張ってクリアしていきたいです・・・  


噂話ってどんな風に派生するんでしょうね?   大抵「友達の友達から聞いたんだけど・・・」から始まったりしますよ。   都市伝説にも似たような感じですけどね。

前に書いたと思いますが凄惨な事件があると恐ろしい部分が一人歩きしてヒレがいくつか付いてありえない話・・・でももしかしたらあるのかもしれないというような期待・・・

おそらくそういう心理が働いて都市伝説などは生まれるんでしょうね。   俺はけっこうオカルトとかは好きなほうなのでこういうのはやっていて面白かったです。   


零もクリアしたいし・・・何時になるかはわからない><


あと、怪奇現象特集みたいなのをテレビでやればいいのに・・・やらせとかでも下らないバラエティや大根役者以下のドラマよりは見る価値があると思うんだが・・・

あ、でも芸能人に憑いている霊を除霊とかはいらない・・・あんなの尺の無駄だからwwww   

・・・・最近は怪奇現象なくなってきたのでちょっとさびしい気もしますがあると迷惑なので楽です。

コメント

流行神はやった事あります
流行神はPS2版の1をプレイしたことがあります。
一つのシナリオにオカルトエンディング、科学エンディングの2通りの話があり、どちらも大変素晴らしいシナリオでした。
チップス全部回収できずに途中で断念してしまいましたが・・・

「チェーンメール」
の結末は個人的にびっくりしましたね^^;
ああ・・・あの人が黒幕だったのか・・・。
確か、あの話に「若い女の血を浴びれば、永遠の若さを得られる」と言う話がありましたが、どうやらあれは「ブラッティメアリィ」と言う恐ろしい実話が元になってるんでしたよね。
モチーフとなったシナリオは大体実話や本物の都市伝説なんかが使われているみたいですね。

体験版でしかプレイしていないので機会があれば製品版もやってみようかなって気持ちです。

結末は予想していたものとはなんかいい意味で裏切られて・・・「そう来たか!」と思わせる展開でよかったです。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。