らいふぃずふり~だむ 

このブログはGHOSTのフリーダムな日常を記載していきます

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・お気楽道中記 6

2013.01.30 (Wed)
2013-01-29_00003.jpg

寂しかったリフテンの近くに追加MODのhttp://skyrim.2game.info/detail.php?id=24789←で紹介  を導入しました。

ちょっと重いかなーって思う時もありますが、現時点での不具合は特に無し。   船には各種クラフト設備、馬、武器や道具などの販売、弓術?と付呪のトレーナーが居ます。 


また、フォロワーになってくれるNPCも何人か居るので賑やかな旅がしたい人や猫耳幼女が好きな方には導入をオススメ。  頭身がちょっとおかしな気もしますが・・・


それと、少し前から導入はしていましたが素材が集まらず最終手段のコンソールコマンドで素材を入手して
作ったこの装備

2013-01-29_00004.jpg

http://dragonporn.ldblog.jp/archives/6693515.html#more ←ここで紹介

通常の鍛冶でクラフトではなく、リフテン南のドラゴンの巣の近くに死体のオブジェクトがあってそこで魔法書をゲットして召喚魔法のところにある魔法でクラフトです。  銀のインゴットがなかなか手に入らなかったので
銀の鉱石は最優先で購入してましたが、それでも足りませんでしたw

シルバーハンドを倒せばいくつかは持ってるんですけどね・・・   

DLCのDawnguardが必要です。   クロスボウも作れるしマントみたいなのもあるので黒檀系の装備との相性もよさそうです。

ちなみに、このMODで作れるクロスボウの弾ですが、ドワーフライフルを売ってくれるMODのNPCが売っている弾がそのまま使えたです。

フォロワーのEileenに着せると似合いそうですね。


さて、かなり前置きが長くなりましたが

前回のあらすじ

ブリークフォール墓地からドラゴンストーンを持ち帰ったアンリ、 ホワイトランへ戻ると何やら慌ただしい雰囲気に。

ドラゴンが近くで目撃されたとの情報でホワイトランが揺れていたのだった。

成り行きでドラゴン迎撃に向かわされるアンリの運命は・・・

続き>>>
ホワイトラン
~~~西の監視塔付近~~~
2013-01-25_00015.jpg

イリレス「ひどい状態ね。  生存者がいるはずよ。 皆手分けして探すのよ!  
    ドラゴンもまた、いつ襲ってくるかもわからないわ。  警戒は怠らないように。」



2013-01-25_00016.jpg

アンリ「あ、生存者だ。  無事だったのね? 」


衛兵A「俺は、なんとか・・・だが、皆やられてしまった。  また、アイツが来る・・・!!」


アンリ「だ、大丈夫・・・?」


衛兵A「き、来た・・・!!」

2013-01-25_00017.jpg

衛兵B「あれが・・・ドラゴン・・・」

イリレス「各自散開! 矢をあのドラゴンに集中!!」


2013-01-25_00018.jpg

ミルムルニル「ほう、我が前に立つか・・・定命の者よ」


衛兵C「クッ動きが速くて矢が当たらん。」  

イリレス「よく狙って! 動きが鈍った所を狙うのよ!」

ミルムルニル「ブリット、グラー。定命のものよ。お前たちの力を忘れていたぞ」

2013-01-25_00019.jpg

アンリ「飛ばなくなった・・?  ( ゚д゚)ハッ!  今なら!」
2013-01-25_00020.jpg2013-01-25_00021.jpg2013-01-25_00023.jpg2013-01-25_00022.jpg


2013-01-25_00024.jpg2013-01-25_00025.jpg


アンリ「うおおおおおお」   

イリレス「撃ち方止め!  あの子・・・まさか」

ミルムルニル「ドヴァーキン!やめろぉ!」   


アンリ「はぁ・・・はぁ・・・た、倒した・・・の?」

2013-01-25_00026.jpg

衛兵達「なんてことだ。あの女、ドラゴンの魂を吸収したぞ・・・」

    「まさか、伝説のドラゴンボーンだとでも言うのか・・・」  


アンリ「ドラゴン・・・ボーン・・・?   」

2013-01-25_00027.jpg 2013-01-25_00028.jpg

衛兵C「伝説のドラゴンボーンだよ。  

アンリ「わけがわからないよ( ゚д゚)   ドラゴンを倒すために無我夢中だったし・・・  

    なんとなく、何かを取り込んだ感はあるんだけど・・・(゜_゜>)ウーン   」

衛兵B「お前がドラゴンボーンならシャウトが使えるはずだ。 ドラゴンの言葉を叫ぶことで力が使えるはずだ。」


アンリ「・・・Fus!!!」  衛兵達「おわ! 俺らに向かって叫ぶなよ。あぶねぇな(#゚Д゚)」


アンリ「あ、ご、(m´・ω・`)m ゴメン…  確かあの時ガチムチの壁に触れた時の言葉が出ちゃったけど・・・
   
   こういうことか・・・?」


イリレス「ともかく、 私たちは負傷者の手当と周辺被害の調査でここに残るわ。  あなたは首長に報告を

     お願いするわ。」


アンリ「は、はい(`・ω・´)ゞ  」


2013-01-25_00029.jpg

アンリ「はぁ~~・・・疲れた。 首長に会う前に休憩したいよ。  第一私公務員じゃないのにぃ」


雷鳴「ドッヴァキ~ン!!」

アンリ「な、何、今の雷鳴・・?声?  ドヴァキンって聞こえたけど・・・  
  
   あのドラゴンもなんかドヴァキンとか変なこと言ってたけど。」


ホワイトラン首長に事の顛末を報告に向かうアンリ 

彼女の運命が大きく動き出す・・・


2013-01-29_00005.jpg

Lily「・・・・」




コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。