らいふぃずふり~だむ 

このブログはGHOSTのフリーダムな日常を記載していきます

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガメラ 大怪獣空中決戦について

2012.08.21 (Tue)
先日、Amazonでポチった平成ガメラ3部作のブルーレイBOXが到着してました。  北米版ということで日本版に比べると値段は非常に安かったです。

音声も日本語で再生可能ってか普通に日本語なのでヘッドマウントディスプレイで鑑賞しました。

まぁ過去に何度も観てるんですけどねw

ディスクは2枚で1作目と2作目が1枚に収められていて2枚目は3作目とメイキングが収められておりました。

さすがに3作連続の鑑賞はしんどいので2日に分けて鑑賞。

続き>>>
かつての記事でも書いたんですがいかんせん語りたりない気がしたので結構長く語ります(`・ω・´)

1作目
『ガメラ 大怪獣空中決戦』



太平洋上に謎の巨大漂流環礁が発見された。その環礁は黒潮の流れに乗って、だんだん日本に近づいているという。保険会社の草薙と海上保安庁の米森は環礁の調査に乗り出し、環礁の上で不思議な石版と大量の勾玉を発見する。さらに、この環礁が生物であるということが明らかになる。

同じ頃、九州の五島列島・姫神島で、島民が「鳥!」という無線を最後に消息を絶つという事件が発生。調査に呼ばれた鳥類学者の長峰はそこで、島民を喰らった巨大な怪鳥を発見する。

政府は貴重な生物であるとして怪鳥の捕獲を決定し、福岡ドームに怪鳥を誘い込む作戦を決行する。その時、博多湾にあの環礁=巨大生物が上陸。怪鳥の1匹を倒し、周りの建物を破壊しながら、ドームに向かって行く。予期せぬ事態に周囲は大混乱に陥り、その隙を突いた怪鳥は自らを閉じ込めていた鉄格子を強力な光線で切断して脱出する。巨大生物も円盤のような姿となって、怪鳥を追って飛び去っていった。

――最後の希望・ガメラ、時の揺りかごに託す。災いの影・ギャオスと共に目覚めん。―― wikiから抜粋

ガメラやギャオスはシリーズおなじみの怪獣なんですが昭和ガメラのようにコミカルであったりウルトラマンやゴジラシリーズに登場する特殊部隊は登場しません。 まぁ人類が怪獣の脅威にさらされていないから当然といえば当然なんですが・・・

あらすじにあるようにギャオスがまず人々を襲い始めます。   それと同時にガメラも目覚めそれぞれが福岡で対峙します。   

人を食い集落を壊滅させるほどの被害を与えているのにトキ以上に貴重な生物だとして捕獲を立案する政府も平和ボケというか・・・なんというか・・・

自衛隊は政府の指示によりギャオスよりも経済的被害の大きいガメラを掃討すべく攻撃を仕掛けていくわけです。

この時はガメラはなるべくなら人間に被害は出したくはないんですがギャオスもただで倒されるわけにもいかないのでガメラの攻撃を避けるんですよ。

またそれで被害が大きくなるっていうね。      自衛隊の攻撃によりガメラは勾玉によって交信(シンクロ) している 浅黄ちゃんも同時に修復のために眠りにつきます。

それでもギャオスは次々に人を襲い倍以上に成長しとうとう手に負えないくらいまでになります。
電車にいたギャオスに食われた人がヴェルディ川崎サポーターだったり、ワンセグじゃない携帯テレビなどいろいろ時代を感じますw

復活したガメラによって撃破というところで終わり。

ざっと説明するとこんな感じ。

ガメラやギャオスは古代文明人によって作られたのではないか?という設定です。   「ギャオスの遺伝子構造で進化の過程で出現したとは考えられない。」  「すでに完成された形である」というような台詞が出てきます。

また環境にあわせて急速に進化・成長できるというスペックを持つ恐ろしい古代人の置き土産(´・ω・`)

ギャオスのタマゴは世界のいたるところにあり自分に適した環境になるまでじっと待つということ。
外国にいるメダカの一種がそんな生態してますよね。  乾季は地中の僅かな水分で卵の状態で耐えて雨季になると孵化して水のあるところで生活するっていうやつ。

またガメラはそれに合わせてギャオスを倒すため、地球の生態系を激変させないために復活するということ。

3作目で語られるんですがガメラがいなくなる頃にはギャオスも程なくしていなくなる。  その時には人類をふくむ地上の生物は滅びている・・・    なんとも皮肉で恐ろしいものですな。

映画の中の話ですが確かに今の環境を考えたら笑っていられないくらいうまい設定です。

ストーリー上の話はもっと語りたい部分はあるのですが今回はこのくらいにしておきますw

次回はレギオン襲来についてちょっと語ります


コメント


管理者のみに表示

トラックバック

 本日四本目の更新です。一本目「 特撮博物館でガメラ /08/21 」はこちら。 二本目「 同 /08/22 」にはこちらより。 三本目「 ガメラ雲 /08/22 」は、こちらから。 「大怪獣空中戦」か
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。