らいふぃずふり~だむ 

このブログはGHOSTのフリーダムな日常を記載していきます

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気楽道中記15

2012.06.10 (Sun)
お久しぶりの更新です。   スカイリムの起動ができなくなるわ、NMMの不具合?からかMOD導入が手動オンリーになってしまいいろいろやってたら今まで「これどうやって導入するの?( ̄д ̄)」ってなMODも導入できるようになってしまいました。

まぁ結果オーライというやつです。   MODもPC内のファイルからインストールし直して不要なのは削除。

おかげでまた一つ勉強にはなったような気がします。   アンリが時々王元姫ちゃんのコスプレをしていたりするのは内緒だw

さて、 今回からまたSSでのプレイ日記になります。

続き>>>
~前回までのあらすじ~

シャウトの完全習得のためにハイ・フロスガーを目指したアンリ一行。

そこではグレイビアードの老師からシャウトの理を学び  ドラゴンボーンとしての使命を全うするべく更なる試練に立ち向かうアンリ達。  
ユルゲン・コーラーの角笛を持ち帰る・・・という試練だったがたどり着いた先にはすでに何者かに持ち去られていた模様。

・・・リバーウッドの宿屋「スリーピングジャイアント」に一体何があるのか・・・

2012-06-09_00001.jpg


アンリ「 あー懐かしいなぁ・・・  ヘルゲンで処刑されそうになった時のドラゴン襲撃で帝国兵士のハドバルさんとかに助けてもらったのを思い出すなぁ。 」
2012-06-09_00002.jpg

アンリ「ここの宿屋の女将さんってちょっと苦手なんだよねぇ・・・なんかヒステリーおばさんみたいでw」

アンリ「こんちわー  屋根裏部屋を借りたいのぜ。  」

デルフィン「はぁ? ウチに屋根裏部屋なんてないわよ!?」

アンリ「(´;ω;`)ウッ…  そんなにキツく言わなくたって・・・    これだから更年期過ぎたBBAは・・・  

デルフィン「なんか言った? (゚Д゚)」

アンリ「言ってません(><」

デルフィン「(・・・この娘達・・・屋根裏部屋のことを?  もしかして) まぁいいわ・・・ついてらっしゃい」

2012-06-09_00003.jpg

デルフィン「ドラゴンボーン・・・ようやく見つけたわ・・・どこかで会ったような気がするけど・・・  話があるのよ」

2012-06-09_00004.jpg

アンリ「その前に・・・角笛を(・∀・)ヨコセ!!」  リディア「従士様・・・もうちょっとマイルドに言いましょうよ(;・∀・)」

デルフィン「これね。 はい・・・  ドラゴンボーンをおびk・・・呼ぶためには仕方がなかったのよ! もうそんな時間がないの。」

アンリ「??」

デルフィン「ドラゴンが復活するのよ。 それも強力な奴らがね・・・あなたが今まで戦ってきたドラゴンはさほど脅威じゃないわ」

アンリ&リディア「な、なんだってー!!!?」

デルフィン「しかも、あなた達のお陰でドラゴンの復活する場所は特定できているの・・・ブリークフォール墓地であなたが回収してきてくれたドラゴンストーン。  これにはドラゴンの埋葬地が記されているの・・・ それを強大な力を持った何かが復活させているのよ。  現に ここに書かれていたドラゴンの墓の一部は復活した痕があった・・・」

アンリ「・・・」

アンリ「zzzzzzzzzzzz( ゚,д゚)ハッ!  あ、ちゃんと聞いてたよ。  なんかドラゴンが復活してきてヤバイんでしょ?」

デルフィン「・・・ カイネスグローブ・・・ 次はおそらくここよ。  急いで出発しましょう」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リディア「な、なんだか大変なことになってしまいましたね。」

アンリ「うーん・・・  あぁ、 そういえばこの角笛をグレイビアードのお爺ちゃんたちに持って行こう。  それからでもいいよ。  なんかあのオバサンの言うことは気に食わないw   それに・・・力の言葉を覚えていけば戦闘になった時でも役に立つよ。」

リディア「そ、そうですね。  ・・・この刀・・・アカヴィリの・・・もしかしてあのデルフィンとかいう女、ブレイズ・・・?いや、まさか・・・」

アンリ「リディア姐さーん。 どうしたのー?  」

リディア「ハーイ、 すぐ行きまーす(^^)」

アンリ「・・・と言うわけでちょっと私達寄るとこあるんでジャ、マタ |/// |(Д´ )ノ"| ///|ウィーン」

デルフィン「急いでね!?  カイネスグローブで落ち合いましょ。  ウインドヘルムの南の村よ。」 

アンリ「 ’`ィ’`ィ ┐(´Д`┌ んじゃちょっくら行ってくるのぜ」

次回はシャウト習得からあのドラゴンとの邂逅ですー。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。