らいふぃずふり~だむ 

このブログはGHOSTのフリーダムな日常を記載していきます

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気楽道中記11

2012.05.06 (Sun)
あと、4日仕事頑張れば日本に一時帰国できます。  んでんでんで~新型デスクトップPCを注文しました。

届く頃には韓国にまた、戻っているのでしばらくお預けとなりますが、高画質でハイクオリティなスカイリムが出来ます。

現時点でもまぁまぁ快適にプレイできるんですが・・・画質を上げるとお空のテクスチャが崩れて次元の狭間ができちゃう感じですw   

届いて日本に帰ってこれたら公開しようかと思います。

さて、前回から間が開いてしまいしましたがスカイリム、アンリの事件簿解決編です。  今回はSS多めなので重いかもしれません。

続き>>>
2012-04-29_00001.jpg

アンリ「(´ヘ`;)ウーム… あの女の子は何を伝えたかったんだろう?」

おっさん「ラレッテ・・・妻を見なかったか?」

アンリ「いえ、見てませんよ。  何かあったのぜ?」

おっさん「妻が行方不明になったんだ。 最近はなんだか様子がおかしかったし・・・」

アンリ(それはアレですよ。 浮気だよ。  きっとwwww)

~首長の屋敷にて~

アンリ「首長! 寝てるところ申し訳ないけど手がかりとか他にないのけ?  ヘルギちゃん(焼死した娘)の亡霊が居たけどなんか事情が結構複雑っぽいよ!」

2012-04-29_00002.jpg2012-04-29_00003.jpg  

首長「なんだい? こんな夜遅くに・・・  まぁでもお前さんに頼んで正解だったよ」

アンリ「???」

首長「うちの衛兵が夜見回りの最中に墓場でだれかと遊んでいるような話し声を聞いてるんだよ。  ・・・墓場を調べてみる価値はあるかもねぇ。」


アンリ「うゎぁ・・・夜の墓地とか・・・まぁでも、ここまで来たんだ。  解決して帰らなきゃね」

2012-04-29_00004.jpg

アンリ「誰かイマスカ? アンリは居ますよ。」

リディア「何ですか? それ・・・」

アンリ「え? ああなんでもスカイリムの山賊をころころしまくってるニンジャがいるらしくてそれの挨拶っていうか・・・って吸血鬼キター!  ん?ラレッテ・・・?  さっき会ったおっさんの奥さん?」

アンリ「 話が通じないなら拳で語ろうじゃないか!」

2012-04-29_00005.jpg


アンリ「おおうΣ(゚д゚lll) 勢い余ってころころしちゃった・・・  手がかりが・・・」

ヘルギ「 あ、お姉さんたち。 見つかっちゃったて(・ω<)」

ヘルギ「ラレッテはね、 私達の棺を燃やそうとしなかったの・・・よく遊んでくれたわ・・・」

アンリ「ん? 吸血鬼で話も通じなかった相手なのにこの子と遊んでたってことは・・・?  もしかしてヘルギちゃん達って吸血鬼になっていたってこと?  ってことは生き残った父親はやっぱり・・・」

おっさん「ああ・・ラレッテ・・・死んでる・・・」

アンリ「(言えない・・・勢い余って殺しちゃったなんて・・・)あ、あの・・・奥さんは吸血鬼だったんです・・・」  

おっさん「なん・・・だと・・・?  そんなはず・・・   そういえば、最近アルバとかいう奴と会うと言って出ていく時が多かったような・・・」

アンリ「アルバ・・・・?  調べてみるか。  」

~アルバの家~

アンリ「オジャマシマス。 」

吸血鬼「ッラー!ッスゾオラー!!」     

アンリ「ちょw  コイツも侵食されてるww  けど・・・慈悲はない!」    

吸血鬼「・・・」

リディア「タツジン!」 

アンリ「徐々にこの世界にも忍殺語が浸透してるみたい・・・  おお!手がかりハヶ━m9( ゜д゜)っ━ン!!」  
2012-04-29_00007.jpg

アンリ「fmfm、  どうやらこのアルバって奴は吸血鬼の眷属でラレッテやヘルギちゃん一家を巻き込んじゃったみたいね。それでコイツの裏にはモヴァルスっていう吸血鬼の長がいてモーサルがヤバイらしい」

~首長の屋敷~

首長「なにか解ったかい?  この日記は?  あの裏切り者め!!  モーサルの民を犠牲にしたばかりか吸血鬼の手下になるなど。  許すまじ」

アンリ「おお・・・首長がマジギレだ・・・」

首長「お前さん、今すぐこの吸血鬼の長を退治しておくれ。 報酬は上乗せするから」

アンリ「(∩´∀`)∩ワーイ 報酬が増えるよ!やったねアンリちゃん」


2012-04-29_00009.jpg

おっさん一同「モヴァルスの隠れ家はどこだ? 俺たちも手伝うぜ!」

アンリ「・・・  私とリディア姐さんだけで十分なんだけどな・・・」

リディア「まあいいじゃないですか。 連れて行ってあげましょう」

2012-04-29_00010.jpg


アンリ「ここがモヴァルスの隠れ家・・・  よし行くぞ! 御用改めである!

・・・


・・・・・あ、あれ?  住民達がついてこない・・・

怖気づきやがったな!?  チクショウ('A`)   まぁでも下手に死なれても困るし当初の予定通り私とリディア姐さんとで行こう。」


2012-04-29_00011.jpg

アンリ「うへ~  吸血鬼の連中、随分酷いことするなぁ・・・オエ━━━━━━(´Д`|||)━━━━━━!!!!」

リディア「血を吸い尽くしたあとは、ここに捨てて蜘蛛の餌とかにしていたんでしょう・・・」

~奥の間~

アンリ「あ、奥にいる奴がモヴァルスかな。  ここは私の華麗な狙撃で・・・」

モヴァルス「・・・」  

アンリ「一撃じゃ仕留められなかったけど・・・ほとんど狙撃で倒したよ。(ぶっちゃけ中の人が長文に疲れてるからこの辺カットだよ) 」

リディア「ワザマエ!」

2012-04-29_00012.jpg

アンリ「ま、終わったし帰ろう」

ヘルギ「お姉ちゃん達、色々ありがとう」


アンリ「・・・ええ娘やぁ(´;ω;`)ブワッ・・・」

2012-04-29_00013.jpg


アンリ「こいつら・・・まだ居たのかwww  ほっといて帰ろう・・・」

2012-04-29_00014.jpg

アンリ「吸血鬼の長は倒してきました。 」

首長「ああ、戻ったかい。  あんたたちのお陰で助かったよ。 あの家族は気の毒だったが・・・これでモーサルも少しは明るくなるだろうよ。    報酬ついでに面白い情報があるよ。   ここからかなり離れてるんだがハーフムーン工場っていう川沿いの製材所があるんだけど、そこの近くにユニコーンらしき馬を見たっていう話だ。  興味があるなら行ってみな。」

アンリ「ユニコーンキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!」 

次回へ続く

コメント

 新パソコンお(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!
 ユニコーンキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。